新着情報

【イベント情報】1.21 Sat 森岡書店銀座店ができてから ゲスト:森岡督行さん&小野友資さん

2015年5月、銀座一丁目の古いビルに「森岡書店銀座店」が誕生しました。
コンセプトは「一冊の本を売る本屋」。

本は一種類しか店内に置きません。販売期間は約一週間。
その期間中に著者や編集者などの関係者を招き、一冊の本の文脈にそった作品展示を行います。

その斬新なコンセプトやブランディングによって、森岡書店銀座店は出版業界内外に大きなインパクトを与えています。
そして多くのメディアが「森岡書店銀座店ができるまで」のいきさつについて取材しています。
(例:DOTPLACEでの紹介記事

今回のトークイベントでは「森岡書店銀座店ができてから」のお話をたっぷりとお聞きします。
「一冊の本を売る本屋」を始めてみて何が起こったのか。森岡さん自身は何を感じたのか。
今まで語られることの少なかったお店の開店後の話について、詳しくお聞きします。
そして、「森岡書店銀座店のこれから」についてもお話しいただく予定です。

そして、京都の「本の人」を代表してYUY BOOKSの小野友資さんが緊急参戦!
小野さんはデザイナーとして働く傍ら、個人活動として2013年にYUY BOOKSをオープン。いろいろデザイン内で本屋をしています。
また、本をつかった(あるいは本に関する)イベントなどを多数企画しており、京都の本界隈の人で知らない人はいないといわれています。

聞き手は、森岡さんのライフワークである対外宣伝誌コレクションをまとめた『BOOKS JAPAN 1931–1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)を編集した吉田知哉さん。
担当編集者である吉田さんは、Takramとともに森岡書店銀座店のコンセプトとクリエティブディレクションにも協力しています。そしてここMontag Booksellersのブランドディレクションもやっています。

東京と京都で個性的な本屋をやっている森岡さんと小野さんのクロストークをぜひお聞きください!


トークイベント概要

【日時】
2017年1月21日(土)
15:00〜17:00

【参加方法】
下記のいずれかの方法でお申し込みください。

その① こちらのフォームに必要事項をする。
※フォームにご記入いただき送信していただいた時点でお申し込みは完了しております。こちらから特に返信はございませんのでご了承くださいませ。

その② 下記メールアドレスに「お名前」「お電話番号」をご記入いただき送信する。
info@montagbooksellers.com

【定員】
〜30名程度

【参加費】
1,500円

【会場】
Montag Booksellers [モンターグ・ブックセラーズ]
〒602-8061 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 2階 Impact Hub Kyoto内

【ゲストプロフィール】
森岡督行
morioka

(もりおか・よしゆき)
「森岡書店」店主。1974年山形県生まれ。「1冊の本を売る書店」がテーマの株式会社森岡書店代表。著書に『BOOKS ON JAPAN 1931−1972』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋』(晶文社)、『本と店主』(誠文堂新光社)等がある。『芸術新潮』や『花椿』(資生堂)を始めとするメディアにて連載・執筆を行っている。『工芸青花』(新潮社)編集委員。森岡書店銀座店のブランドデザインは、独IFアワード、英D&AD、グッドデザイン賞などを受賞している。

61a8t9h0dll516airzo5el71mqkeenlcl

小野友資
(おの・ゆうすけ)
デザイナー / 京都精華大学非常勤講師 / YUYBOOKS代表 1980年、神戸生まれ。2007年より1-10designに参加、モーションデザイナーとしてウェブサイトからデジタルサイネージまで様々なフィールドに渡る制作に関わる。在籍中の2013年個人活動としてYUYBOOKSオープン。本をコミュニケーションツールとし、企画やデジタル作品を展開。2016年よりデジタルの活動をフリーランスへ。

【主催】
Montag Booksellers

【お問い合わせ】
info@montagbooksellers.com