新着情報

【イベントレポート】なぜ、いま古典文学を読むのか ゲスト:駒井稔さん(光文社古典新訳文庫・創刊編集長)

7月15日(土)に、光文社古典新訳文庫の創刊編集長、駒井稔さんを京都にお呼びしてトークイベントを開催いたしました。

トークテーマは「なぜ、いま古典文学を読むのか」。

光文社古典新訳文庫創刊に至るまでの駒井さんの想いや、読んでもらうためのいろいろな工夫や取り組みについて熱く語っていただきました。
無用な難解さを避け、作品の「解像度を上げる」ことを目指したという光文社古典新訳文庫。

前日には駒井さんの一押し作品、サン=テグジュペリ著の『人間の大地』の読書会を行いました。
『ちいさな王子(星の王子さま)』で有名なサン=テグジュペリですが、『ちいさな王子』とはまた少し違った味わいのある作品です。
「いまの時代にもっとも読まれていい作品」(駒井さん談)です。

みなさんもぜひ読んでみてください。

【トークイベントの様子】

IMG_0207[1] IMG_0208[1] IMG_0211[1] IMG_0217[1] IMG_0212[1] IMG_0219[1]

【読書会の様子】

IMG_20170714_215754 IMG_20170714_215814