新着情報

【イベント情報】10.27 Thu 満員御礼 読書会:課題書 『華氏451度』レイ・ブラッドベリ著 ※「燃やしたい本」持参

~「燃やしたい本」はありますか?~

8月にOPENした、小さな本屋さん「Montag Booksellers(モンターグ・ブックセラーズ)」。
お店の名前のモンターグはレイ・ブラッドベリの傑作SF『華氏451度』の主人公、ガイ・モンターグの名前から拝借しています。

この作品は、本を読むことが禁じられた近未来世界が舞台になっています。
本を読むことは、「自分で考えること」や「異なる価値観に触れること」を意味します。国民を統制したい国家(体制側)にとって、人々が本を読んでしまうことはとても危険なことです。

主人公モンターグの仕事は、秘かに本を所持している人の家に行き、その本を焼くこと(ファイアーマン)だったのですが、ふとしたきっかけで本を読んでしまいます。そして、本にはとても重要なことが書かれていることに気づきます。

国家から追われる身となったモンターグは、本を守るために、本の価値を伝えていくために立ち上がります。

モンターグの生きざまや物語全体を通じてのメッセージに共感し、お店にMontag Booksellersという名前をつけました。

いろいろな解釈のできる作品だとは思いますが、みなさんがどのような感想をお持ちになったのかぜひお聞かせください。

また、みなさんが「燃やしたい本」を1冊ご持参ください
※「燃やしたい本」というのは、「価値があると思う本・大事な本」という意味です(ファイアーマンの気持ちになって)。

【日時】
2016年10月27日(木)
20:00~22:00

【参加方法】
こちらのフォームに必要事項を記入する。
満員御礼!
※お申し込み後のキャンセルはご遠慮ください。

【定員】
~5名程度

【持ち物】
・『華氏451度』(ハヤカワ文庫)
※新訳・旧訳どちらでも可
・「燃やしたい本」1冊(あれば)

【参加費】
500円

【お支払方法】
当日会場にて現金で徴収させていただきます。

【会場】
Montag Booksellers
〒602-8061 京都府京都市上京区甲斐守町97 2F