新着情報

満員御礼!【イベント】誰でも本屋さんになれる ~少額取引サービスFoyer(ホワイエ)ってなに?~

誰でも本屋さんになれる
~少額取引サービスFoyer(ホワイエ)ってなに?~

※このイベントは「いまどきのブックフェア vol.3」の一環として開催されます。

【内容】

本屋さんをはじめるには、何よりもまず売るための本が必要です。
ということは本を仕入れなくてはなりません。

しかし(「古本」ではないという意味の)新刊書を仕入れるには、いろいろなハ ードルがあります。
ネットで調べてみると、「取次と口座を開かなければならない(取次ってなに?)」とか「そのためには大金が必要である(いくらくらい?)」などいろいろな情報が流れていますが、出版業界の外側にいる方にとってはよくわからないというのが本当のところではないでしょうか。

そのため、本屋を始めたいが新刊書ではなく古本のみでお店を始めるという方も 少なくありません。

なぜ、普通の人が新刊書を仕入れて販売することができないのでしょうか。
街から小さな本屋さんが消えつつある今、本屋さんではない人たちが本を販売できるようになることの意味はとても大きいと考えています。

大阪屋栗田さんという会社があります。
大阪屋栗田さんは、出版社と書店をつなぐ、いわゆる出版業界における問屋の仕
事をする「取次」会社です。

その大阪屋栗田さんが「Foyer(ホワイエ)」というサービスを始めました。

「「Foyer【ホワイエ】」は、雑貨店・美容室・カフェなど、あらゆる店舗様やスペースでの書籍販売を全面的にサポートするサービスです。当サービスにより街ナカのさまざまな場所に「紙の本」とのタッチポイントの創出を実現いたします。
(中略)
書籍少額取引サービス「Foyer【ホワイエ】」により、潜在的に存在する「本が好きで、本を売りたい」という店舗様やスペースとその地域の読者を結びつけ、新たな「紙の本」文化の創出に寄与できるものと考えております。」
(大阪屋栗田ニュースリリースより)

このサービスを使うことで、新刊書を商品として仕入れ、販売するということが可能になります。

今回のトークイベントでは、この「Foyer(ホワイエ)」のサービスを開発している大阪屋栗田さんの担当者をゲストにお迎えし、

・そもそも本はどのような仕組みで流通しているのか

を踏まえたうえで

・「Foyer(ホワイエ)」とはどのようなサービスなのか

についてお話しいただきます。

聞き手は、出版社フィルムアート社で働きながらMontag Booksellersという本屋を運営している宮迫憲彦とYUY BOOKSの小野友資さんです。
Montag Booksellersでは最近Foyerを導入し、実際にユーザーとしてこのサービスを利用しながら新刊書店を運営しています。
また小野さんは「いまどきの本屋のつくり方講座」などで講師を務め、従来とは異なるスタイルで活動する本屋さんのありかたを実践なさっています

・実際に使ってみて、どうだったのか
・商品やお金の動きはどうなっているのか
・仕入れられる商品はどういうものなのか

などぶっちゃけたところを聞いていきたいと思います。

出版社、取次、書店、という3つの業界で働く人が揃うイベントはなかなかありませんので(特に取次さんがこのようなトークイベントに参加されるのはとても珍しいケースだと思います)この機会をお見逃しなく。

参加費無料のトークイベントですので、本屋さんをはじめたいという方だけではなく、出版業界そのものに興味のあるかたはぜひお越しください。

【日時】
2017年3月18日(土) 19:00~20:30(質疑応答の時間アリ)

【参加方法】
おかげさまで満員御礼となりました!
下記のいずれかの方法でお申し込みください。
その① こちらのフォームに必要事項をする。
※フォームにご記入いただき送信していただいた時点でお申し込みは完了してお
ります。こちらから特に返信はございませんのでご了承くださいませ。

その② 下記メールアドレスに「お名前」「お電話番号」をご記入いただき送信
する。
info@montagbooksellers.com

【定員】
15名

【参加費】
無料

【会場】
Montag Booksellers [モンターグ・ブックセラーズ]
〒602–8061 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 2階 Impact Hub
Kyoto内
※「いまどきのブックフェア vol.3」会場

【主催】
Montag Booksellers

【共催】
株式会社大阪屋栗田
THE読書ズ

【問い合わせ】
info@montagbooksellers.com

カテゴリー
アーカイブ