新着情報

【イベント情報】12.9 Fri 読書会:課題書 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』フィリップ・K・ディック著

Montag Booksellersの読書会

web_main_1500_1000

前回はレイ・ブラッドベリ著の『華氏451度』が課題書でしたが、今回の課題書は、フィリップ・K・ディック著の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』(浅倉久志訳)です。


【内容紹介】

第三次大戦後、放射能灰に汚された地球では生きた動物を持っているかどうかが地位の象徴になっていた。人工の電気羊しかもっていないリックは、そこで火星から逃亡した〈奴隷〉アンドロイド八人の首にかかった賞金を狙って、決死の狩りをはじめた!


映画『ブレードランナー』(リドリー・スコット監督)の原作作品としても知られている作品です。

いわゆるSF作品ということもあって、SFが苦手な人はなかなか手の出しにくい作品かもしれませんが、作品のテーマは自体は「人間とはなにか」「命とはなにか」という「文学」ド直球の内容ですので、先入観をもたずに是非読んでみてください。

アンドロイドと人間との境界は何なのか、一体人間を人間たらしめているものは何なのか…。
時に「哲学小説」とも称されることのある、本作を一緒に味わってみませんか?

映画を観たことがあるという方はぜひ小説版も読んでみてください。原作とはいいながらも、やはり映画と小説ではずいぶんと違った部分があります。
映画『ブレードランナー』についても触れられるといいなと思っています。

みなさんのご参加をお待ちしております!

 


201612月9(金
20:0022:00


込み

その① 

 
info@montagbooksellers.com


【内容】
・簡単な自己紹介
・各人の気になるポイントをシェア
・この作品をざっくりと要約する
・この作品の次に読みたい(読むべき)作品をシェア


~5


『アンドロイドは電気羊の夢を見るか


500



Montag Booksellers
6028061 97 2F